きちっと確認する事が不可欠です

とうとう仕かける時という場合には始めに事前調査を横着してはいけません。

取引を行う前場面を客観的に眺める事が可能です。

しかし、トレードの内部に深入りするとどうしても物の見方が自己中心的になり時としてしっかりとした状況がわからなくなる恐れが生じる。

だから己の精神が冷静な状況でしっかりと準備をしておくことが大切です。

その”準備”とは、とにかくあなただけのシナリオを作成する事から開始します。

これからの投資状況はこうなってああなるからユーロを取引するみたいにあなただけの物語を描いていきます。

次は為替チャートを確認しましょう。

レートの上下をチェックして、今日の位置を確かめます。

そうしたら、「今のところなかなか低い状態になっているな」など、もしくは「多数の方が勝負している、今さら売買してももはや手遅れだな」などと納得できます。

言うまでも無くすでに売り(または買い)するがやりようがないと思ったならばエントリーしないで、この状況ではきっぱりと諦めることが不可欠です。

どうしても自らのシナリオを貫いて、強引に取引するとマーケットに押し返されてしまい逆にマイナスになる可能性があります。

ただ多くの場合準備が整った自分なりの物語を考えていれば、取引が手遅れという具合にはならないでしょう。

大方、リアルに外国為替相場が上げ下げする前の状態のはずです。

その次にとりあえずは自分自身が売り買いしようと決めている外貨ポジションの変化を、きちっと確認する事が不可欠です。

仮定としてドル高になると予想する筋書きを作成したのであればその外貨の動きに注目する必要があります。

マーケットの推移を注目し始めた場面ではその通貨は大きく変化する兆候を見せないで上や下にちょっとした上下動を繰り返しているだけだろう。

だけど、その変動を見ていると、ある状況でゆっくりと、円安へと外国為替相場が向い始めます。

そこでドル円のエントリーします。

通常は、緻密に用意をやっておけばその取引で勝利する確率は結構大きくなります。

コンテンツメニュー

    Link