結果として自らの場数を増やす事が出来ます

FX投資をはじめたばかりの方が為替相場の要所を探すためにはまず初めに取引経験を積み重ねていく事が大事です。http://webmania.to

特に、事前にピンチを感づくようになるには、負けをすることも大切です。

当然、損をするといっても命取りとなるほど重大な過ちをする事は論外です。

やり直せるぐらいの損を数度実践する事が、結果として自らの場数を増やす事が出来ます。

この考えではとりあえずは少額で売買を行い、ここで何度か取り戻せるマイナスを経験することが重要です。

例えとして、100万円しか投資する余裕が無い場合深く考えずに100万円を少しも残さないで投入してエントリーすると、マイナスになった時その後再起できなくなってしまうリスクがあります。

それならば、仮に資金の1割ずつ小分けしてエントリーしてそこで売ったり買ったりを積んだ方が段々と負けを埋め合わせる技術なども学んでいくはずです。

まずはじめに少額で投資することの有益なところは先ほど書いたように、体験を増やし損を管理する方策を習得していく事にありますが、それと一緒に、エントリーの回数を繰り返す事で、偶然を減らせるという長所もあります。

仮定として、1回だけの売り買いで儲けられる確率が5割だと考えます。

すなわち、等しい確率で損失を生むリスクもあるということになります。

勝率50%ということは2回に1回の割合で勝てることを言い表しています。

だがしかし、全てを注ぎ込んで1回だけの売買をするということは勝つか、負けるかのどちらかだけになってしまいます。

それは1度だけの丁半バクチと同じ。

それは全てを投じて1回だけしか勝負しないとそれだけでは損が生じる確率が高くなります。

そのため、投資資金を1回に全部つぎ込むのではなく、いくつかに分けて、投資回数を多くすることがリスク分散となる。

ただし少しずつに分割しても、全部に勝つ事は不可欠ではありません。

全て勝つことは出来ないのが実際のところです。

投資で大事なのは勝つ確率ではなく、いかに儲けるかです。

勝率5割でも、また勝率が低くても利益を上げる事が出来ます。

5割以上負けてもその収益が小さければ、少ない勝ちのプラスの大きさで十分儲けられる。

それには、損失を小さく、利益を大きくを心がけることだ。

損したら間髪を入れず損切りしそれとは反対に稼げる場合には可能な限り大きく利益を出す事が外為初めての方が外国為替証拠金取引で成功する神髄です。

コンテンツメニュー

    Link